「わたし」は 今 目醒めようとしている意識です

わたしの腕は「わたし」の腕ではありません
わたしの顔は「わたし」の顔ではありません
わたしの足は「わたし」の足ではありません

わたしの身体は「わたし」の身体ではありません
わたしの意識は「わたし」の意識ではありません
わたしの感情は「わたし」の感情ではありません

わたしの思考は「わたし」の思考ではありません

わたしの家族は「わたし」です

わたしの友人は「わたし」です
わたしの瞳が映し出している世界のすべては「わたし」です

「わたし」には自分はいません名前もありません肉体もありません
性別もありません国籍もありません

「わたし」は意識です

肉体はここを生きるための神殿
感情はドラマを楽しむシステム
思考はプログラム 名前は神殿とシステムの記号 国籍や性別は設定

「わたし」は、肉体の中で、思考の片隅で、感情の檻の中で、今目醒めようとしている「ただ在る意識」です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP