エネルギーは意図にしたがう

秋分をはさんで少し面白い経験がありました。


不要な感情を外していく過程で、過去の出来事がフラッシュバックしてきました。もう何年も、何か月も前のことなのに、珍しく外れにくく、繰り返し何度もその時の光景と感情がありありと今目の前で展開されているかのような錯覚に陥りました。


これはどのようなことが起こっているかというと、わたしは意識の中でタイムスリップがしているのです。つまり、過去は過去ではなく、意識の上では今それを体験しているのです。


でもこの過去は正確な記憶ではなく、わたしが、今創り上げた「記録」を体験し、体感しているのです。


もちろん揺るぎない出来事の過去はあります。


けれど、その過去も今のあなたが「癒す」ことは充分にできるのです。


わたしがエネルギーで過去へタイムスリップして経験することは、言い換えれば、過去の経験から「学び」そして「癒し」へと向かうということが可能なのです。


すべてがここに集約しているのです。


エネルギーは意図し従います。癒しが必要な過去は癒しが完了し、手放したい感情はすでに手放されている。


100%そうなっているという意図と、そうなってもならなくてもどちらでも良い。
信じることと執着のバランスが大切なことだと知っていてください。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP