「エンジェル・リーディング」①

個人セッションを開始して2ヶ月以上が経ちました。


100名様以上の方は、わたしの友人のご友人様、そのまたご友人様、さらにはご友人様の取り計らいで、出張という形で福岡や木更津とたくさんの場所でご縁を繋げていただきました。

4ヶ月前並木先生の元を独立する時に、今の自分は考えられませんでした。


わたしはずっと、どなたか信頼するスピリチュアルリストの方をサポートするのが向いているし、そうするのが役割だと思っていました。


スピリチュアリストのサポートから、「目醒めたいと願い方のサポート」へ役割りは変わりましたが、「真摯に自分に向き合う」という気持ちは以前よりも確実に強くなりました。


「わたしたちチャネラーが浄化を怠ればガイドはわたしの手をあっさり離す」という並木先生の言葉はわたしの中で「光」になっています。

100名様以上とセッションを行い、わたしのセッション方法が明確になりました。


わたしのセッションは「エンジェル・リーディング」わたしの守護天使とご相談者様の守護天使の媒介として通訳をしていく。


ここにきてたくさんのパズルのピースが合い始めました。

次のブログでわたしの行なう「エンジェル・リーディング」についてお話をさせてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP