もう噂話しには参加しない

噂話しはわたしたちが共振して眠るために創りだしたものです。


噂話しは外側(自分の創りだした環境)を語り合います。そこには良いものだけではありません。「否定、批判、非難、」が溢れています。


外側を視ることはわたしたちの長年の癖なので、この見方を内向にする癖をつけることが今は1番大切です。


そんな大切な時期に外側を語ることは目醒めとは真逆へ走り込みます。


「目醒めた生き方」とは「自分の軸で自分至上最高の可能性を100%生きる」こと。


もし、自分がいた場所で噂話しが始まったら、あなたは決して参加せず、浮き上がってくるあらゆる感情を手放すためにその場を使います。


静かに自分だけに耳を澄ませているとそこでいろいろな感情が上がってきているのが解ります。


噂話しを否定しても「同じ否定」の周波数で現実を映すだけです。


そこで起こることは参加している皆にとってなにか学びというものが起こっています。


あなたは、「手放す」という学びをそこでするんです。


そして噂話しの最中にあなたは自分の周波数を上げていきます。


「超特急アセンション 目醒め行き」最終チケットは覚悟を決めた人にだけ宇宙から手渡されます。


もうすぐ「発車のベル」が鳴り響きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP