マザープラネットと共に

マザーアースは「あなたたちがそうしたいのであれば、わたしの身体を貸しましょう」と地上にネガティブという重たい周波数を置くことを許してくれました。

地球の周波数といわれる、ネガティブなものは、わたしたちが源にいたころに「もっといろいろな周波数を体験してみたい」という好奇心から創り出したものです。

一つの重たい波は「怒り、イライラ、嫉妬、優劣」など細分化して体験することができました。

もう一つの重たい波は「不安、焦り、批判、悲しみ、苦しみ」へと細分化して体験することができました。

なぜこんな体験ができたのかと言うと、「わたしたちの故郷の周波数である0ポイントをまったく解らない」というところまで自分に染み込ませたからです。

0ポイントは「シークレット」としてこれまでネイティブインディアンに受け継がれてきました。

「シークレットとはセンターでここにいると宇宙と繋がることができる」とネイティブインディアンは宇宙からの叡智を降ろして生活をしていたのです。

もう戻る時がきました。

今この瞬間にすべてがあります。

ここで上がる重たい周波数を着実にあなたの本来の周波数へ、「平和、安らぎ、豊かさ、喜び」へと変容していく時が来ました。

「ただ平和である自分軸」で母なる地球、マザープラネットと共にあなたらしく美しく、凛と生きる。

それがあなたが今回、地球に生を受けた理由です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP