ワンネスへの道②

「統合」には段階があります。

わたしたちは、「源」の「神である」意識を忘れ、分離に分離を重ねての「今」があります。

この状態から、「神」である自分を想い出す道には、いくつかのイニシエーションを通過します。

イニシエーションをスムーズに通過するためには、一歩一歩着実に波動を上げていくことが大切です。

最初は慣れなくて、思わず現実にのめり込むこともあります。
溢れる感情の中で、エゴの引き止めとあいまって溺れるような思いもあるかもしれません。

けれど、手放す準備の出来た感情は「ワクワク」という「源」とダイレクトに繋がるあなたのアンテナの元であぶり絵のように浮き上がってきます。

もっと先が視たい気持ちも解りますが、今は「ワクワク」に従い、動く、でも、「現実は手放す準備の整った周波数を映してくれるスクリーン」であるという位置からズレないで「居心地の悪い感情」を統合していくことに集中してください。

現実と、自分の間に隙間ができれば必ずそこに「気付き」という叡智が入ってきます。

ワンネスへの道。

あなたはそのスタートラインに立ちました、まずは1つ目のイニシエーションを通過したのです。

「目醒めよう!」
その意識へ向かったことは宇宙からの大きな祝福をすでに受けているのです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP