ワンネスへの道③

宇宙と現実の仕組みというのは万人に共通で、「これは手放すとか以前の問題」とか「そうは言っても現実は違う」というのは本当に「まやかし」なのです。

 最近はセッションをしていても、もう現実を解決するとか、そんなレベルではない方々がたくさんいらっしゃいます。

自分の中に、大地震を大津波を起している方がとても多いのです。

体裁を整え、見栄えよく現実を整えるなんてもうまったく無理です。
収まったように一見視えてもそれはニセの調和です。

どの方のガイドも間違いなく目醒めを促しています。

もう、現実をなんとか見栄えよく整える時代は終わったのです。

もがけば、もがくほどに深みに入り込み、身動きが取れなくなります。

そのようなご相談者様は実は深いところで「もう自分が決めた、魂の道に進む時がきた」と感じています。

でもまだ、「現実をなんとか自分の力でコントロールしたい!」としているのです。

現実をなんとかしても一度芽生えた「魂の道に進む時がきた」という魂の声は決して消えません。

あなたの「最後の審判」が目の前に来ています。

「目醒めますか?このまま眠り続けますか?」


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP