地に足をつけて2019年へ向かうこと

世界でも、日本でも、自分の中でも様々な出来事で大きく揺さぶられた2018年がまもなく終了します。


これからどう生きるか、どう在るかという「目的」を定めるのはとても大切なことです。


「目的」を決めると、その道に添える様にアイデアや情報がきちんと集まってきます。
「お金持ちになりたい、成功したい、有名になりたい」でも良いのです。


わたしたちはずっとそうやって、自分を取り巻く環境を良くするために生きてきたのですから。


自分を取り巻く環境を良くすると、「優越感」「安心感」「自信」を得て「気持ちが良い」のです。


でも、「現実」を良くすることで得られる感情は、常に移り変わる「現実」に振り回され、一喜一憂を繰り返します。


「努力した結果の達成感」ではない「豊かさ」「恋人や家族がいる安心」ではない「本質の愛」「安定した仕事」ではない「安心」
そういったものがわたしたちの中には確かにあります。


「現実」を良くすることに集中していては、決してたどり着けない、わたしたちの中の「神聖なる魂の核」へアクセスするには、今という時代は様々な後押しがある素晴らしい時代です。


自分の内へ向かうことは現実をないがしろにすることでも、現実を捨てて仙人のように自給自足をすることでもありません。


むしろ、あなたの中の「神聖な魂の核」を現し、この現実という中でしっかりと生きることが大切です。


その状態で行なう、仕事や家族との関わりは、これまでとはまったく違うものになります。


自分をとりまく人々や、環境に振り回されるのではなく、「自分の人生の舵を握り、地面に足をつけて生きる」これが2019年に向けて、揺るぎない自分へと向かうためのキーワードなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP