女性性の時代〜女神の覚醒〜

2018年からはっきりと「女性性の時代」が始まりました。

「女性性」は男性の中にもあるものです。今世は男性として地球に姿を現していますが、一つ前の過去世は女性かもしれません。

もともと魂には「性別」がありません。人間として輪廻をする上で、「男性」を多く経験するなどの好みが個性として存在するだけです。


ではなぜ「女性性」の時代というのでしょうか。

これは言葉の比喩です。

「男性」が「父性愛、権力、強い、硬い、勢いある」などの言葉で形容されるように「女性」という言葉は「母性愛、優しさ、柔らかさ、凛とした」というような言葉で象徴されるからです。


女性性の部分を多く宿して輪廻してきた魂は宇宙からの膨大なエネルギーの波に乗りやすいのです。

女性性の特徴である、「しなやかさと対応力の速さ」が発揮されています。

そして男性性の部分を多く宿して輪廻してきた魂は「大いなる転換期」を迎えます。

ここまで「自分の中の男性性」を存分に楽しみ、ここからは宇宙のエネルギーに乗り、自分の中にある「女性性」に目を向けて行くことが出来る。

一回の人生でいろいろな体験をすることができるということです。


ただ、女性性にはこれまで抑圧された時代が長かったために、自立した大人の女性として生きるという部分が少し弱いのです。


「自立する」とは、「一人で生きる」ということではなく、「一人でも生きていける」という凛とした姿勢です。


「一人でも大丈夫」その意識だからこそ、あなたは望む様に自由にやりたいことが出来て、行きたい所に行けるのです。

その自由なで豊かなあなたになるから人はあなたに魅了され、自分もそのように生きたいと意識の改革を起こしてくのです。


女神性の中にはとても美しい「無償の愛」という資質があります。
すべてを許し、ありのままを愛する。

この意識が覚醒したならば、この世界に争いというものは無くなります。


生きとし生けるものすべてをあなたの愛し子として愛し、聖母のように生きる。
その時わたしたちの中に宿る女神は自立の時を向かえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP