宇宙からみた相性とは 〜恋愛は地球の贈り物〜

この地球で、良くも悪くも、恋愛というものは大きなポジションを占めています。
恋愛は、地球だけで体験できる醍醐味です。

「特別」はワンネスの意識になれば、すべてが大切なので、たった一人を特別視することはなくなりますし、「独占欲」と「執着」は溶けていきます。
地球は銀河の中でも郡を抜いて、分離を楽しめる場所です。

そして忘却のベールをくぐり、過去世の記憶をもたずに輪廻するために恋愛も複雑なものになるのです。


他の惑星は「恋愛」ではなく「パートナー」という関係が成立していますが、地球の恋愛相手は、過去世では「戦友」だったり、「肉親」だったり、「敵」だったりと様々です。

わたしたちの魂にはソウルグループというものがあり、地球での輪廻を共に繰り返しながら、「親友」「兄弟」「結婚相手」「親子」と配役を代えて学び合います。


今生の敵も、魂レベルからみれば実はとても縁の深い方ということはとても多いのです。


例えば、婚約をしていた男性に別の女性が現れ、苦しい選択の中で「婚約破棄」という道を選択するとします。でも、この原因になった女性は過去世では「破棄」をされた女性の兄弟だったり、親友だったり、、、。

ご本人の今の気持ちはどうでも、魂レベルから視ると、それだけ深い関係だからこそ、こういうことを起こし合うのです。

なぜでしょうか。

「目醒め」を促すためです。


エゴは目醒めさせないようにと、必死で相手を憎ませたり、ふられたのは自分に価値がないからだと、ささやいたり大忙しです。


でも本当は「この世界のカラクリ」を知りたい、「そして本当の人生を歩みたい」と、自分が自分に仕掛けた「目醒まし時計」が発動したのです。


大きなことを起こす時ほど、「あぁ、わたしは真実が知りたいんだ」と解ってください。


今世のあなたの人生に大きく関わり、人生を崩し、方向転換を促してくれた人は、魂の契約の上で悪役をかってくれた大切な魂に他なりません。


でも、今、側にいてくれる方を大切にしてくださいね。


いつか「恋愛」という学びを終えてその先へ向かう時は必ずくるのですから。


深い縁がありながら、別々の学びを選んだすべての魂が、宇宙に戻りハグをする日が必ず訪れます。


あの時は「目醒め」を促してくれてありがとう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP