求めているのは心の平安

多くの人が求めるものは、「心がいつも平和であること」ではないでしょうか。

心が「平和」であれば自分が映す現実は「平和」と感情で翻訳されます

誰もが「平和」を望んでいるはずなのに、どうしてほとんどの人の心は「平和」ではないのでしょう。

理由は2つです。
現実で起こる問題は、同じ土俵では決して解決しないのです。現実の中でもがいても本当の「平和」は訪れないのです。

「解決」するには高い所から見通してこれまでとは違う視点を持つ必要があります。
 でも、その方法が解らないのです。

高い所から見通す方法を知り、実践すれば、この世界の問題はすべて溶けていきます。

もう一つの理由は、ネガティブを楽しみために地球を創ったのはわたしたちですから、あーだこーだと理由をつけてまだまだそれを楽しみたいのです。

こうやって書くと、「ネガティブでいることが悪い」みたいに捉えてしまいますよね。

そんなことはないの。

「ネガティブをしている人は劣っている」と少しでも優劣の感情がでたら、その思いを「源の本質の愛」へと変容して、真実を知ることが大切です。
神なるわたしたちが「ネガティブで遊んでいる」こと。
もっともっと高いところから視たら「知っていてやっている」こと。

けれど、今「目醒め」を促しているのは「もう、そろそろ次のステージ(面)へ行きましょう」ということです。

 どんなに楽しいゲームでも同じ面ばかり(苦労、優劣、成功とかの人間ドラマ)していたら「飽きますよね」ということです。

統合を起して、心を一つにしていくことはあなたが「平和」に戻ることです。

もっと違う人生を生きてみたいと思っているならば、試しに一回次元を抜けるような「統合」をしてみるのはいかがでしょうか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP