波動が上がる中での食事の変化

自分の中の「固定概念、固定観念を手放していく作業」つまり「統合」を起こしていると、体調の変化が現れます。


体調の面で出やすいのは、発熱、吐き気、これまでの持病が悪化する、など本当に様々な不具合が起こります。


これは身体も周波数の一つである。ということを逆説的に教えてくれているのです。身体は別ではないこと。そして、エネルギーが上がるに従いこれまで持っていた重たい地球の周波数が留まり切れなくなり、一時的すごい勢いで浄化が始まるからです。本当に辛い時にはお医者様に行ってください。でも発熱、吐き気くらいの単純なものでしたら出してしまう方がスッキリと外れていきます。
次に食事の変化です。

(これらは必ずではありませんが、わたしが拝見してきたクライアント様も同じ様に
体験なさっている方は多いです。)
お肉が最初に食べられなくなります。

感覚が鋭敏になり、お肉の中に入り込んでいる周波数に反応するからです。

感情というものは長い年月を通してわたしたちの細胞にまで入り込みます。

動物は、人間の次に感情を持っています。

波動が上がる段階で、自分以外の存在の周波数を受け付けなくなります。
次にお魚。これも上記と同じ理由です。


匂い、食感すべてに反応して、食べられない時間がありますが、お肉も、お魚も自分の波動が上がると、食べ物の周波数も引き上げることができます。


「ありがとうございます。いただきます」という原点の感謝に立ち戻ります。
お野菜やフルーツは丁寧に創られたものは波動が高いのでものを選ぶと食べられないということはないので、良質のものをいただいてくださいね。


わたし自身はお肉を頂けない時間がとても長かったのです。数年はかかったと思います。

小さなころから塊のお肉が苦手でしたが、「統合」が進に連れて感謝とともにいただけるようになりました。


お魚をいただけない時期は数ヶ月でした。
そうそう、お酒は飲むとすぐに気持ちが悪くなり一ヶ月くらいはいただけませんでした。。。。

そして、もう一つ、お食事ではないですが、「とにかくとにかく眠い!!」というのもあります。


次のステージへ向かうために、意識をオフにして魂の作戦会議をする時間です。
すべてはエネルギーなので、まずは自分の波動を上げていくこと、すべては自分が出発点で自分が創りだしていますから。


地球は銀河至上、他にないくらい「グルメ✨」な星です。
「周波数を上げるために食べちゃダメ」を越えて、このワンダーランドを楽しんでくださいね。


「目醒めるならベジタリアンじゃないと」も実は観念、概念なんです。
先日の新年会を境に、ステージ替えが起こり始め、今はまた全体的に食べ物が変わってきています。


エネルギー満タンの宇宙の流れに乗るために、美味しく食べて軽やかな状態に整えていく時ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP