現実に終止符を打つ

現実の出来事には「大きいも、小さいもない」のです。

そこにあるのは「自分の中が大きく揺さぶられるか、小さく揺れるか」です。

軽く舌打ちをうけただけでも、「恐怖に感じる」「流せる」はその方の「揺れ」の幅です。

「こんなことが起きたから、こう感じるのは当たり前」はないということです。

「統合」を起していくならば、「現実と目醒め」を両方握ることは出来ません。

「これは目醒めの質問で、これは現実レベルの質問です」は自分の中を分離させてしまいます。

「現実に終止符を打つ」

現実に終止符を打つのは怖いことでも、誰かを置いていくことでもありません。

「あなたが目醒ると、すべての問題は解けてなくなる」と聞いたことがあると思います。

この本当の意味は「すべてが既に許されていて完全であった」ということを想い出すことです。

意識が反転する瞬間。

それはあなたが「真我」と「本質」を想い出す瞬間です

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP