神聖なスピリチュアリティとの出会い①

神聖なスピリチュアリティとの出会い


わたしが本当のスピリチュアルに出会ったのは今から10年ほど前です。


その頃、わたしは習いごとをしていました。同じレッスンに通う「ちかちゃん」はわたしと並木先生を繋げてくれた方です。


彼女がある時に、並木さんを紹介してくれたのです。


彼女は並木さんの個人セッションを受けたことを話してくれて、わたしはすぐに「並木さんに会いたい」と思いました。


「並木さんは忘れたころに返信くるらしいけど、連絡してみて」と。


並木さんの連絡先を聞きすぐに「セッションしてください」とメールをしました。


その後1年半が経過し、並木さんからの返信はありません。


まだまだ深い眠りと無価値感の中にいたわたしは「わたしなんか、並木さんに会ってもらえる人間じゃないんだよ」と言っていました。


しばらくして、「ちかちゃん」は赤ちゃんを宿しました。


数ヶ月たった時「ちかちゃん」の従姉妹の方が並木さんの個人セッションを受けられ「並木さんからお返事をもらえない方がいるようです」とお伝えくださったのです。


並木さんからのお返事は「そのころ僕の携帯が壊れていて、その方にもう一度僕に連絡をくれるように伝えてください」とのこと。


この伝言は、習いごとのレッスンの朝、偶然新宿の駅で会った「ちかちゃん」がわたしに伝えてくれました。


彼女はその日はつわりがひどく、「どうしてこんなに辛いのに、わたしは出掛けなくちゃいけないんだろう」と思っていたそうです。辛いから出掛けたくない、でもすぐにそれが頭の中で打ち消され、やっぱり行かなくちゃとなる、という不思議な気分だったと話してくれました。


再度並木さんに「個人セッションをお願いします!」とメールをしたら3時間でお返事がきて、予約できたのはちょうど3ヶ月後でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP