純粋なスピリットとして

地球の大気圏の内側には、地球の周波数と、個人から発する周波数、そして集合意識が網の目のように張り巡らされています。

そして、その上には、闇のコントロールが黒いベールがあります。

爆風を抜けたところから見ていると、それはまるで要塞のようです。

黒いベールで覆われた闇のコントロールはとても巧みです。

最近、スピリチュアル・リーダーや、発信者がこの闇のコントロールに「そうとは気付かずに入り込んでいる」と宇宙から警告のメッセージがきています。

ふとした時に足元を取られて、この闇に囚われてしまうと、そこには「わたしは正しいことを言っている」という場所なので、簡単には抜けられなくなります。

なぜでしょう。

「気持ちが良いのです」

過去から綿々とわたしたちは「正義と悪」という構図で人間ドラマを楽しんできました。

だから馴染み深いのです。

けれど「正義」は地球の周波数です。「コントロール、優劣、批判、闘い」など様々なバイブレーションが潜んでいます。

逆に言えば、「自分には人コントロールしたい思いや、優劣、批判があった」と気付くことで、ここを抜けていくことが出来るのです。

わたしが「愛」で「調和」であれば、あなたが視る世界は「愛と調和」で溢れています。

すべての発信はわたしからです。

わたちたちが求めるのはここで、純粋なスピリットとして存在することです。

3次元の制限の爆風を抜けて、どこまでも果てしなくつづく、あの宇宙へ、すべが許されている無償の愛の世界へ、ただ在るという意識へ肉体を維持したまま戻っていく。

それが今ここで生命を持った理由なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP