統合するなら目醒めなくちゃ

統合を知ったのはもう何年前でしょうか。

初めての並木先生の「統合ワークショップ」の日、もう一人のわたしである「エゴ」の引き止めで、市川の駅ビルのカフェから立ち上がれなくて、1時間も遅刻しました。

その後、並木先生のスタッフとして働いているのに「統合」は迷い道に入り、何年も間違えた統合をしました。

統合をお伝えしている方の元で、わたし自身も「目醒めないと」と何年もがむしゃらに一日中統合をして、疲れてしまいました。

一旦すべてを手放そうとスタッフのお仕事から離れて、すでに目醒めを得ていたアピさんと門脇さんと対話をし、並木先生の本、音源を総ざらいして、自分の統合に修正をかけていきました。

 いかに斜めの統合をしていたのか、目醒めない統合をしていたのか、やっと解りました。

その後、本質の統合のスタンスを理解して、どんどん統合が進み、スタッフ業務から離れていた時期の6月夏至に並木先生から「独立」を進めていただきました。

2018年11月にはクンダリニー覚醒、12月に真我(目醒め)、3月に神我、令和になり、無我へと移行しました。

それでも統合は「永遠に0ポイント」へ自分を整えていくことです。

必ず、目醒めはあります。

特別な人にだけ訪れるものではないのです。

わたしが迷ったように、迷う必要はありません。

ワークショップでもセッションでも、すべての疑問を解消してください。

近い将来、あなたが「目醒め」を得て、共に「永遠の0」へ向かう日が今からとても楽しみです


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP