自分に誠実であるために

あなたが「自分に誠実に生きる」ことはとても大切で、心の在り方と生き方を同調させることです。

自分の創った現実に責任を持つとは、違和感のある現実を視て、
「わたしが創ったから仕方ないんです」とあきらめて黙り込むことではないんです。

「現実は、あなたが自分の真実で生きるために創るもの」です。

その中で、たくさんのお試しがあります。

あなたは現実を視て、「否」であるならば「それは違う」と表現するのです。

そして、なんのために「それは違う」というのか、きちんと自分の心の在り方と生き方を一致させるためです。

相手を自分の思うとおりにコントロールするためでも、現実を変えるためでもなく、ただ「違う」と自分を表現するんです。

1番大切なことは、その時に出てきた居心地の悪い感情を「本質の源の愛、浄化された光」に変容すること、つまり「統合していくこと」です。

ここで、「本質の愛へと変容していく統合」を忘れてしまうと、ただの自分勝手なわがままな人になってしまうのです。

「自分に一致していく」とは、心と肉体を通して「源」へ一致していくということです。

あなたの創る現実の中で、どこまでも誠実に生きる。

その生き方が、愛以外のものになる理由はないのです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP