自分に誠実に生きる

誰かのために、頑張るというのは、とても素敵なことです。


でも誰かのためにということは、1番が自分以外になっていることです。


それはお水の入っていないボトルなのに、誰かに与えてあげようとしていることです。


だからまずは自分を満たす。


自分を満たす方法は、自分というものを確立していくことです。


何かを選択する時にはそれが自分にとって「心地良い、惹かれる、しっくりくる、すっきりする、楽しい、腑に落ちる、わくわくする、喜びを感じる」かどうかを確認します。


そして、どんなに小さなこともこの感覚に従います。


そうして選択をすると、必ず「もやもやと、これで良かったのか、それともあちらが良かったのではないか」と感情がでてきます。

この時に出てきた「もやもや」を「わたしはこの感情をもう使わない」と宣言して「しっかり手放せた」と100%自分を信頼します。


大切なことは、「自分がやりたいこと以外やらないでください」と言っているのではないのです


何を選んでも正解で、その時に感じるモヤモヤあがる居心地のよくない感情を手放してくださいね、ということです。


選択しながらこの人生を生きる上で、常にシンプルにスッキリ、自分に誠実に生きるということがとても大切です。「自分に誠実に生きる」ことが自分を満たしていくことの第一歩です。


その中で、インナーチャイルドを癒したり、ヒーリングを受けたりしながら自分自身をしっかりと満たして、揺るぎなく柔軟な自分を確立していきます。


自分が満ちて、自分の軸が確立されてくることは「あなたが愛に戻り始めた」ということ。


誰からのためにならば、まずは「自分のために」
あなたはわたし。わたしはあなた。


「愛」という感情を通してみるあなたの世界が「愛」で彩られるのは当たり前のことと言って良いでしょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP