自分のエネルギーが揺れる時には

今年の秋分はとてもエネルギーが強かったためか、それとも日本に大きな台風がきているためか、わたしの中が昨日から揺れています。


しっかりとグラウンディングをしていないと、珍しく心がザワザワし、焦りや、不安などの周波数が出てきます。


個人セッションを行なっている時はグラウンディングをして高次のエネルギーともしっかり繋がっているので、まったくびくともしないので、わたしの中が揺さぶられて重たい周波数が上がってきているのです。


この揺さぶりにより周波数が上がってきているのはとてもありがたいことです。


自分でも気付かなかったものがあぶり出てきているので、「単なる地球のネガティブな感情」と割り切って手放していくこと以外ありません。


感情に巻かれることなく、一歩引いて観察してみる。


わたしたちは、現実を目の当たりにして「反射的に自分の感情を当てはめて」それがとても問題なことであるように錯覚します。けれどそうではなく、一歩引くことで「出来事」と「自分の感情」の間に隙間がみえるのです。


出来事は「中立」。


こうすることで、自分を見失うほどに感情に囚われてしまうことなってしまうことはなくなります。

  どんな時でも、落ち着いて、感情から一歩引いてみる。そしてシンプルに「重たい周波数」を手放し、すっきりと進む、この繰り返しです。

たくさん文献を読む必要も、複雑に考える必要もない、本来わたしたちはとても「シンプル」な存在なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP