自立ってどういうこと?

これまで、「依存」という人間ドラマを楽しんできたわたしたちは、「特別な関係」が大好きです。


もちろん、気持ちの合う人、一緒にいると楽しい人、親友、パートナーはいていいのです。


ここに「執着が必要ない」ということだけです。


「特別な存在」として「ソウルメイト」「ツインソウル」「ツインレイ」に囚われてしまったり、「あなただけ」「わたしだけ」という関係性は、恋人や友人関係の中でも多くあります。


なぜ、依存してしまうかというと、わたしたちは元々、大きな一つの存在だったのに、たくさんの経験をするために分離をしました。


分離をしているので、自分の中に「欠落感」があり、ここを埋めるために「依存」し、「特別な存在」を求めます。


でも、自分の中に「欠落感」があるので、自分以外で欠落を埋めることを求めても決して埋められることはなのです。


何かで不安になり、心配になり、より相手を縛ろうとする。そして相手の行動ばかりが気になり、自分を見る事がなくなる、という悪循環です。


わたしたちは「一人一人がしっかりと魂の自立」をして行く時を向かえました。

「魂の自立」とは、「一人で稼いで生きていく」ということではなく、「一人でいても幸せで豊かだから、誰かといても幸せで豊か」ということです。


自分の中を一つに戻すことでわたしたちの中の欠落感はなくなります。もともと欠落なんて幻想です。

わたしたちは完全な存在なのですから。


自立したもの同士として関係性を結べた時に、お互いが相手に何も望まず「存在そのもの」を認め合える関係になるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP