遥かなるブルーオーシャンへ

彼(イエスキリスト)は「わたし(あなた)は神である」と言いました。

けれど、彼の言葉は支配者にとって都合の良いように曲げられましたが、彼はそれを許しました。

なぜならば、それもわたしたちが「自分の真実」を求めるためには必要だったから。「真実」を知りたい人々により、自分(彼)が本当に言いたいことが明らかになると知っていたから。

彼はいつも「源」に意識を置いて、そこから言葉を発し、行動をしていました。

あまりにも波動が高すぎで、まだまだ眠っていたかった魂には、恐ろしいくらいの目醒めを促す言葉の数々だったのです。

つまり
わたしたちが「目醒めと眠り」を天秤にかけて「眠り」を選択した時代です。

2014年宇宙時代が幕を明けました。

宇宙中に「目醒めのコール」が鳴り響き始めたのです。

あの時代、イエスが、ブッダが、さまざまな先駆者たちがわたしたちのために分け入ってくれた道。

その道をわたしたちが自分の足で歩き始めるのです。

源の、あの意識を想い出す。

これからあなたが自分のオールを持ちしっかりと進路を目指していくために、あなたの後ろにはあなたを護り、愛してやまないあなたのガイドや、先駆者たちがいてくれることを知ってください。

ブルーオーシャンへ漕ぎ出すあなたの未来は、あなたの手の中に握られているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP