3次元の起動力って?

地球で低い周波数を体験するための原動力は「欲望と執着」でした。


大きな罪悪感と無価値感で傷をつけてこの地球に降りてきても、「ここで輪廻をしてネガティブな周波数を体験するんだ」としても、「欲望と執着」がなければまた軽々と神の意識に戻ってしまいます。


「欲望と執着」は「これが欲しいあれが欲しい」「ああしたい、こうしたい」と「絶対そうならないともう生きている意味がない」などの粘着性を持ってこの地球とわたしたちの中にどんどんネガティブと言われる感情を産みだしてくれたのです。


「何をしたい、どうしたら心地良い」という自分のことが解らなくなるくらまで3次元という世界をやり尽くしたのです。


「もう充分」


そう心から思えたならば、今からキビスを返して、「自分の中のイエス、ノー」を「自分がワクワクするのは何か、どうしたら心地良いのか、しっくりくるのか、スッキリするのか」を探す冒険が始まります。


これまでのどんな物語よりもワクワク胸が躍るあなたの人生の大冒険はまだ入り口にたったばかりです。


ハリウッド映画もディズニーも足元に及ばないくらいにわたしたちは圧倒的にクリエイティブなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP