その人はいない 何も起こっていないとは✨

「その人はいない」ということを聞いたことがあると思います

ここはたくさんの角度で解釈がわかれていきます

1番最初の解釈は

「存在していない」という存在を否定するのではなく

あなたの想像の中で「あの人はこういう性格で、こういう人だ」と創造している人はいないということです

その人は「あなたの考え方、価値観、ものさしで創り上げた人である」
つまり、「あなたの中のその人」は現実にはいないのです

だから手放すのは内側だけです

嫌いな人が「消える」も同じ原理です

あなたが統合を起こし、自分の考え方、価値観、ものさしを手放すと、あなたはその考え方から自由になります

様々な角度から「嫌いな人」を見ることができるようになり、嫌いではなくなる、つまり「嫌いな人が消えた」ということになります

統合したら、相手が転勤する、部署が移動になる、あなたの前にまったくの別人になって現れるというのは断片にすぎません
ここを意識してしまうと簡単に外側を整えるための統合が始まります

「何も起こってない」
ことは起こっていても、あなたが平和ならそれは「起こっていないのと同じです」

「エスカレーターは走ってはいけない」という考え方があると、エスカレーターで走って上がる人を見るとあなたは「イラっ」とします
つまり「こんな現実が起こっている」となります

けれど、「急いでいるんだな」という平和な状態なら、あなたは波立たずそこには何も起こっていないのと同じです

最初はこの辺りの目線を目標にしていると気持ちが楽で、次のステップへと進みやすいと思います

それぞれの学びの元で結局は一人相撲をしているんだなと気付くとまた、一層この世界の深みが視えてくるものです

関連記事

PAGE TOP