エゴから神を生み出してしまうと

「統合」は3次元を生きるわたしたちが、神と同等の高い意識を思いだして行くことです

借金が消えたり
嫌いな人を転勤させたり
お金をもうけたり
創造主になってこの世界を自由にする
という「我欲」を叶えるためのものではないのです

この道のりで、間違えて迷路に入る込むと「エゴ」と神を見間違えるということが起こります

高い存在と繋がりたい、ハイヤーセルフと繋がりたい、繋がりたい、、、という思いと、間違えた統合の解釈で「100%の意識」は自分の中に「神」を生み出します

それは神ではなく「エゴ」が分化した存在です
ここを間違えてしまうと人として破滅してしまいます

エゴが悪いのではなく、エゴの役割りは分離を促すものです
エゴの神は、分離を強化しますので、現実が上手くいくことを優先します
周りの意見が自分と違うのは周りの意識が低いからだ、自分と一致しない、ワクワクしない、しっくりしないと切り捨てます

では、高い意識と「エゴの神」の見分け方はどうしたら良いでしょう

まずは、自分の今の意識を高くしていく本質の統合をしてくことですが
エゴの神の特徴は

現実を視て「ワクワクしないからしない、ワクワクするからする」と判断をします
言葉が命令口調です
現実の利益を優先します
優劣の感情が強くなります 
他者と分離をさせるために頑固になります
人を支配しようとします
重たい感情を「言い訳」を使って手放すことをしません

もし仮に誰かの声が頭で響いたら、いったん横に置いて、ゼロの状態から
しっかりと「統合のその先」を視て統合を起こし、「なんのしがらみなく、わたしはどうしたい」と感じてください

それを繰り返していくことで、エゴの神は再び吸収されていきます

わたしたちは意識次第で、いかようにも変化します

まずは「わたし」という3次元の意識を上げていくことが大切です

関連記事

PAGE TOP