情報遮断の大切さ

情報を遮断することが大切とわたしはワークショップでお伝えします。

過去、2018年前職を独立した時に、それまであまりにもたくさんの情報に振り回されていたことに気付きました。

今の時期、テレビやYouTubeをつけると様々な情報が入ってきます。

そうすると思考が忙しく動き、不安や焦りが煽られます。

自分と向き合うためには、一度情報を取り入れることをやめて静かになることが大切です。

インターネット、SNS、YouTube、わたしたちは簡単に洗脳されます。

小さな時、両親がニュースを見ていろいろ話しているのを聞いていた時に「これがすべて嘘だったら、わたしたちはどこに連れて行かれてしまうのだろう」と恐くなったことがありました。

「このニュースや新聞が本当のことを言っていなかったらどうするの」と聞いたこともあります。

両親からは「ニュースが嘘を言うわけない」と言われました。

今のわたしたちはこの生き方をしています。

「〜が言っているから」「みんなが言っているから」と自分を洗脳していきます。

「でも、それは本当のことだ。本当のことを知らなければいけない」と言われるかもしれません。

本当のことでも、嘘のことでもどちらでも構わないのです。

現実は皆が目的を違い、共に学び合い、関わり合い、輪廻を繰り返しています。

それぞれが今回体験し、経験することを今無条件の愛の元で遂行しているのです。

そこに気付いていくためには、一度自分の立ち位置にしっかりと戻り、この次元から抜けていくことです。

あなたは誰かから情報を得なければならないほどに無力ではありません。

「自分に必要な情報は自分で受け取ることができる」と自分を信頼していくのは、目醒めた生き方の上でとても大切なことなのです。

関連記事

PAGE TOP