目醒めとアセンション

今日はスピリチュアルなお話です

最近ご相談者さまから「目醒めとアセンション」についてご質問をいただきます

先日、「目醒めは簡単だけど、アセンションは難しいんですよね。火がせまっても、洪水がきてもそのままで受け入れるんですよね」と伺いました

そこで、「あぁ、スピリチュアルで言われるアセンションはそのことか」とやっとわかりました

そういう視点でしたら

目醒めは簡単です

もちろんその前に目醒めた生き方へのトレーニングは必要です

目醒めても「その磁場は弱い」と何度かお伝えしているように、まだ馴染んでいない磁場はうかうかすると簡単に地球の意識へと引き戻されます

実際にわたしがそうでした

「あれ、反転を起こしたのに、まだ、うっすらと色々感じる。ということは、ここから更に自分に向き合い、律していく必要がある」とわかりました

これまで以上に自分と向き合います

その過程で、恐怖を始めとした重たい感情はまだ現れてきます

統合を起こすコツを知っているので、以前のような苦しみはありませんが、大切な家族の病気、自分の身に降り掛かる死の恐怖(ザワっとした重たい感情)などもっともっと細やかな揺れる感情などを現実を視て着々と手放していきます

最初の反転から、何度も細かい反転を行っていくと磁場が安定してきます

そうしてだんだんと悟りの世界を知り、死の恐怖から離れていきます

ある時に「5分後に地球が爆発すると言われても、その恐怖を統合し平和でいるだけだ」と腹落ちします

「火がせまっても、洪水がきてもそのままで受け入れるんですよね」と聞かれますが

その時に火を消す、高台へ非難すると自分がするべき最善をします

熱いのも、苦しいのもわたしは心地良くないです

そうして感情を手放して、平和でいます

確かに反転から先は自分を律しながら、細かく細かく気付いて統合していくのでアセンションは簡単ではないと言えます

アセンションは関係なくわたしも今も手放し続けています

ただ、安心してください

わたしたちは本来、もともと愛の存在です

手放して、手放して

その先には愛しか残らないのですから

そろそろ一瞥体験、最初の反転を迎える方もいらっしゃるでしょう

一度の反転で満足しないでください

そこで邁進しては本末転倒です
目的はアセンションではなく、自分で真理に気付き続けることです

個人セッションではその方にあった内容を行います

ご自身が次のステージへ進むため、チャネリング&リーディングに関する質問
個人的な統合のシェアなどご自由にお使いください

統合、悟り、リーディング&チャネリングわからないことはありません
どのようなこともご質問ください

統合のその先へご一緒に参りましょう

関連記事

PAGE TOP