地球の母に

先日、2泊3日で沖縄に滞在しました。

目的は大切な魂の家族の結婚式でしたが、偶然にも結婚式当日はわたしのお誕生日で、婚姻の儀を司った出雲の神様とご縁をいただき、瀬織津姫と饒速日命(ニギハヤヒノミコト)、新しくなった神界の神々、琉球のアマミキヨと古来の神々をお繋いただきました。

素敵な結婚式と共にわたしもとても充実した時間でした。

神々からいただいたメッセージはわたし自身が本当に心から望むことでしたが、まるで人間の様に「かすかな恐怖」がでたのです。

先月の9月23日には次のステージへ進むことへのうっすらとした恐怖がありました、色は確実に薄くはなっているけれど、まだ、恐怖を握っています。

ワクワクと恐怖は紙一重、ここになってもまだ、ワクワクの後ろに恐怖を視るのは人間を人間たらしめるこの世界ならではです。

このような時はこの次元を丸ごと手放して次へ進みます。

最初の反転からもうどのくらいきたのでしょう。今回のこの握りしめているものは「いよいよわたしの原点」です。

わたしが自分の真実に向かいたいのであれば、いつかは向き合うものでした。

まもなく10月23日123というアセンションへのステップと0というすべてを包括する日を迎えます。
わたしはさらに大きく自分の真実へ向かいます。

去年の個人セッションで並木先生からいただいたメッセージ「うってぃは地球の母になりたいんだよ」その在り方へと完全にわたしの意識を移行していきます。

わたしも自分の真実へ向かいます。あなたもご自身の真実へ向かってください。

わたしはもう決めているので、あなたが恐いのであればわたしが手を伸ばします。わたしの手をしっかりと握り返してくださいね。

関連記事

PAGE TOP