平和な気持ちで毎日を過ごす

更なる情報遮断をしてしばらく経ちます。

ただ「平和」であるために揺れるから統合を行なう。
日中はセッションを行い、家事をして、ワンコの散歩に行って、お風呂では瞑想をして、
寝る前も瞑想して自分の向かう先を決め続け、決め直すを繰り返しています。

内にいる大事な時期です。

統合はわたしの生き方であり、焦りも、未来への不安もありません。

もともと春分、夏至、ライオンズゲートなどのエネルギーが切り替わるゲートは好きなので、まるでゲームのように夏至を待っているくらいです。

2018年以前のわたしは、とても焦りがありました、2016年中に、2018年の年が明けるまでにといつも自分に時限爆弾を仕掛けて、どうしよう、どうしようとオロオロしていました。

けれど「平和」という意識が「源の意識」であると知ってからは、視る先はぶれなくなりました。

「いつも平和(源の意識)でいるためにはどうしたら良いんだろう」

その道でたくさんのことに気付きました。

現実を握るから「正解。不正解」「損、得」が生まれて平和じゃなくなる。
感情の一喜一憂があるから、平和じゃなくなる。

清々しく、潔く、「わたしこうしたい」で良い。
でもそれは純粋な愛の元であることが大切なんだ。

そうして大切なことに気付きました。

「わたしが責任を持つのはわたしの感情」で
母も、弟も、主人も、地球で自分が学びたいことを学んでいる、感情を自由に感じる権利があることです。

本当にシンプルだったのです。

ゼロからよりしっくりくる、より心地良いことを選んで行く人生は決して自分勝手にはならず
愛と調和がもたらされることも知りました。

平和で、愛で、調和のエネルギーで在ることに重点を置きながら、流れる様にしなやかに生きていく、ニューバランスの世界へ向かいます

関連記事

PAGE TOP