明子様のご質問へのご回答

ご質問 エナさん先日はセッションをありがとうございました!自分が現実の創造主、すべては素粒子でできている(でしたよね?)がまだよく理解できていません。今回のエナさんの記事で例えると、もしエナさんに「不安」という波動がなければ、桃ちゃんは調子が悪くなったりしなかったということでしょうか?それとも、桃ちゃんには桃ちゃんの事情があり、体調はどちらにしても悪かった、でもエナさんは初めから信頼しきっており心配などとは無関係だった ということですか? 自分が創造主だとすると、相手というのはどうなっちゃう?すべて幻なのでしょうか?(意味不明でしたらごめんなさい!!) 


明子様
エナです♪

意味不明では全然ないです
頭で考えると迷路のように難しい「現実の真実」なのでぜひハートで読まれてください
おっしゃる通りこの世界はすべて素粒子で出来ています。
すべてが幻というのは、統合がもっと先に進んだ段階で解ってきますから、今はもっと解りやすくお伝えしますね。

地球は特定の周波数が硬く物質化する世界です。
つまり、わたしにはわたしという固有の周波数があるので、誰からもわたしに見えます。明子様は明子様の固有の周波数があるから誰からも明子様に見えます。桃は桃の周波数を持っています。

周波数は地球という物理次元で物質が、形になります。

そして、それぞれの肉体が今生、この身体をもってやりたいこと、魂が決めたことを現実の中であれこれと選択しながら体験します。

会社やコミュニティなど共になにかに関わり合うことは、一人よりも多くの体感と体験ができるのでとても都合が良いのです。

あってはいけないことということはなく、体験ということを通して魂の大いなる計画が遂行されてます。

そこに「感情」という翻訳をつけて、現実を体験しています。

今回の桃は、「腰が痛くなる」という中立の出来事です。(あってはいけないことということはないので)
「心配、どうしよう」という感情をつけて体験しているのが「わたし」です。

わたしの中に不安がなくなれば「桃の腰が治る」という現実を変えるのではなく、「不安」がなくなることでわたしの意識と物の見方が変わるのです。

「あってはいけないことはない」ですが、わたしは「桃の腰が痛い」という現実を創りたくないので、「予防」を最大限尽くそうと思います

たくさんの惑星も、宇宙人も、動物も、植物も、すべて「創造主、すべての根源」と言われる源の分け御霊です。つまり、すべての中に源が存在しています。

現実の創造主が自分だと知ることは、「創造主の意識、無償の愛の意識」に戻り、本質の自分で生きるということです。
つまり、自分の現実(感情という翻訳)にすべての責任を取ることです。

自分が自分の世界の創造主だから、相手も相手の世界の創造主です。

皆が、自分が創造主であることを想い出せば、源の無償の愛と調和のエネルギーで世界が満ちることになるので、争いや不調和とは無縁になります。

「すべてはただ起こっている」「ただ在る」という感覚に戻ることがわたしたちの最終的な目標です。

少なくとも14万4000人がこの目醒めの位置につくことがとても大切だと言われています
だから、どんどん手放して、宇宙の叡智を自分の中に取り入れていきましょう

明子様のセッション後の意識の変化とても良いです このようなご質問が出てくるのも、意識がしっかりと「目醒めて生きる」という方向に向いたからです^^

セッション後は魂の望む道へ進み始めるので人生が加速します ぜひ楽しんで手放してくださいね♪
いつもありがとうございます

内山エナ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP