神聖なるスピリチュアリティへ開いていく

スピリチュアル全盛期。多くの人がスピリチュアルということに意識を向けるのはとても素晴らしいことです。


「過去世、魔法、ツイン、ソウルメイト」ロマンティックな言葉に興味を惹かれることも多いのではないでしょうか。それらが入り口になって、スピリチュアルの世界へ感心を持たれる方はたくさんいらっしゃいます。


わたし自身、スピリチュアルの世界を知るきっかけになったのは、「ソウルメイト」という言葉からでした。初めて触れた「波動」「ソウルメイト」「守護霊」などスピリチュアルの言葉にワクワクがとまらなかったことを今も懐かしく想い出します。


でもこれは単なる入り口で、大切なことはそこに留まらずに真実の「スピリチュアリティ」の世界へ向かうことです。


「スピリチュアリティ」の世界は神聖です。人間として生きる為に必要だった、恐怖、不安、悲しみ、怒りなどを手放して、つまり分離していた自分の中を一つ一つ統合していく、そうすることで、神聖で雄大なスピリチュアリティの世界を垣間みしていきます。


その過程で、チャネリングや霊視、霊聴など、封じ込めていたあなたの本質が開花してきます。


ソウルメイトやツインソウルなどに出会うこともあるでしょう。


でもこれらは本当の「神聖なる自分」へ向かう過程の副産物です。


統合の過程で、「本当は分離なんてしていないこと」「分離ゲームを楽しんでいる自分」「すべての人がそのままで良いこと」「宇宙意識」などたくさんの真実が視えてきます。


さらにその先へ。


目指していくのは「愛」や「幸せ」を超えた、当たり前にたゆたう無限の意識です。


自分自身の中にまだ眠る「神なる意識」を現して生きる。


それがわたしたちが目指す真実です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP