どう在るか

わたしはスピリチュアル・カウンセラーとして2018年8月20日に独り立ちしました。

最初は友人たちに「練習をさせて」と伝えてワンコインのセッションをしていました。

独り立ちを決めた時、ある時頭の中に声が響きました。

「お前がお金に意味を見出だすのであれば、我々はお前の手を離す」
「誰かが1万円や10万円で10人に伝えるのであれば、お前は1000円で一万人に伝えよ」と。

この言葉は今もわたしの中に残っています。

個人セッション、ワークショップなど、ご料金というエネルギーをいただく時には全身で繋がり、一切妥協はしません。

そして、わたしは皆様のエネルギーと変化をダイレクトに感じるライブのセッションとワークショップがとても好きです。

ですから、この社会情勢の中、直接お会い出来ないことに揺れます。

それでも、本質は、やはり変わらず、「どう在るか」本当にそれだけなのだと深く納得し、また自分を一つに整えていくだけです。

あなたはどう在りたいですか。

関連記事

PAGE TOP