わたしにとって統合とは

「エナさんにとって統合とはなんですか」と聞かれたら、

わたしにとって「統合は呼吸、息です」と答えます。

2018年3月春分以前のわたしは、スピリチュアルの世界を知り、自分の中の愛に気付き始め、「地球って悪くないな、色々あるけれどみんな大好き、でも目醒めたいな」と思っていました。

けれど、2018年の春分を境にわたしの価値観は総崩れを起こし、意識の上でまったくの一人ぼっちになりました。


そうして、わたしはこの世界が苦しくてなんとか抜け出したくて、ここから抜けるには「統合」しかない、どうしても目醒めたいと統合に正面から取り組みました。

その時のわたしは「とにかく苦しい、どうしても、どうしても目醒めたい」という思いで一杯でした。

時を過ぎ、12月の宮古島で「愛で調和でそれだけでいたい」と心から思いました。

そこから「ただ在りたい」と意識が変わり。

今は統合はわたしの呼吸と同調しています。

わたしは呼吸をしながら統合をしています。

「ありのままの自分、本質の自分」をわたしは「自分を取り戻すこと」と表現します。
「息をするように統合する」をわたしは「統合はわたしの呼吸である」と表現します。

統合は素晴らしいものです。

わたしはこの3次元へ意識を向けることは忘れていません。
どこまでも地に足を着けて、地球ごと上がっています。

それでも肉体を持ってどこまで行けるのか、今わたしの意識はさらに上へ向いています。

関連記事

PAGE TOP