サークル オブ ライフ

真実は1つしかありません。
それは「わたしたちは1つだということ」です。

大切な分岐点でいろいろな情報が錯綜しています。


けれど、光も影もわたしたちの中にあります、わたしたちは分離しているようで実は1つの意識を今も共有しているのです。

1つの意識から流れ出る命を源(源泉)にしてすべてが存在しています。

たくさんのスピリチュアル的な情報は源泉からわかれた一部の景色を伝えていることに過ぎません。


大樹の幹ではなく、枝葉を語っています。


同じことがわたしたちにも言えます。
あなたが誰かをうらやみ、嫉妬をしたり、怒りを感じたりするのであれば、あなたは「あなたは愛するに足る存在だ」とあなたの幹と根、つまりあなた自身に伝えていくことが大切です。


それはこれまでのように「こういう時にはどのように対処するか」「こんな時にはどうするか」と対処をするためのあらゆる引き出しを自分の中に創るのではありません。

地球上の自然はすべての意識が繋がっています。


日本だろうがブラジルだろうが地球の自然はテレパシーとワンネスで交流しています。


葉が弱ってきたら葉に栄養を与えるのではなく、あなたは大元の根(あなた自身)に栄養(愛)を与えることが大切です。その上で様々にあなたという大樹がすくすくと育つ様に手をかけていきます。

自然は小さなものから大きなものへ命が繋がり、大きな命は土に還り小さな命を育む生命のサークルの中で「永遠の命」が巡っています。

同じ源を源泉とした巡る命。
わたしたちも紛れもなくその一部であるとことを、今一度心から想い出すことが求められています。

関連記事

PAGE TOP