溢れる情報の中で

「2020年3月の春分でゲートが閉まる、闇の存在が動いている」など情報が溢れる中で、あなたは難破しそうになっています。

一旦こういった情報から引いてみることも大切です。

昨年、並木先生の元から独立をした時にわたしは「一切の情報を遮断」してみました。

理由は、「疲れてしまった」のです。次から次へ伝わるワークと、自分の無価値感をあおるだけの外に向けた意識にです。足元はいつもグラグラして、自分というものがどこにもなかった。

たくさんのスピリチュアルの本を持っていましたが、それらもすべて宇宙にお返しし、最後に手にしていたのは、並木先生の音源と、本だけ。

統合を起していくのは、一人の道で、あなたの真実をたどる道です。

覚醒の過程では「自分を見つめる時間」が必要です。

溢れる情報に振り回されながら「目醒め」ることはできません。

「静かに自分と向き合う」その時間は孤独ではなく、「豊かな自分へとアクセスする、豊かな時間」です。

その時にあなたは自分の真実の元で
「宇宙には正しいも間違えているもなく、闇も光も、誰かになにかに自分の軸を預けていたことも、すべては自分で創り出したドラマであった」と知ります。

「ただ平和である」という意識の中で、この地球と生きるすべての存在を愛しく思い、あなたは流れる様に前を向いてその先へ先へと進んでください。

あなたはここでただ「平和」でいてください。

関連記事

PAGE TOP