現実創造とは

わたしが思う「現実創造」は具現化ではありません。

わたしたちは共通の現実を皆で視ています。

「波動が上がれば自分の世界からコロナが消える」これは断片的で、ここを間違えて解釈すると、「波動が上がれば嫌いな人が目の前から消える」「借金がなくなる」「家族がまったく別人のようになる」となります。

これは外側の現実が思い通りになって欲しいという視点からの「現実創造」です。

あなたの意識が変わるから
「コロナは脅威ではなくなります」
「嫌いだった人の良い面などがわかり、その人は嫌いな人ではなくなります」
「お金を貸してくれた企業、人へ感謝しきちんとご返金します」
「家族の人間性を尊重し、一人一人の個性が美しく見えるようになります」
これが現実創造です。

この過程の途中で
「嫌いな人が目の前から消える」
「誰かが借金を返してくれる」
「新しいパートナーと出会う」なども、もしかしたらあるかも知れませんが、そこをうっすらと目的にしていると、「あの人はちゃんと統合できていないから自分で借金を返しているんだ。」
「わたしが変わらないから、あの嫌いな人は消えないんだ」
とまったく統合という意識から離れます。

自分の「現実」が上手く行っていると思うと、極を体験する地球では「あの人の統合は出来ていない」という感情を生み出します。

現実創造はとても深い言葉です。

今は共通で視ている現実をあなたはどの意識で視るか。という視点でいてください。

共通の現実で生きているわたしたちの現実創造はわたしたちの意識と見方です。

いつもあなたが平和でいれば、あなたの生きる世界はすべてバランスが取れていると視えるのです。

関連記事

PAGE TOP