自分を癒し、愛するとは

「統合よりも自分を愛することが大切だと思うんです」

というご質問がありました。

統合という言葉が一人歩きをして、「統合ってなんですか?」と迷路に入っている方も多くいらっしゃいます。

統合とは「散り散りになっている感情を一つに整えること」です。何があっても「平和で、愛で、感謝で、在り続けること」です。

その過程で不安、恐怖は、「もう使わない」とちゃんと決めます。そうして源の光を浴びます。


ちゃんと使わないと決めることで曖昧さがなくなります。


源は万物創造の神、創造主、です。
創造とは生み出すことです。


源には生命エネルギーが溢れています。
命が生み出されることは「愛、感謝、祝福、豊かさ」そのものです。
この光を存分に浴びる。


「わたしには価値がない、わたしが悪い」こう言った自己否定をする感情を外して、この光を浴びることは「許し、癒し、慈しみ」で満たすことです。


長く統合を起こし、統合とうツールは3次元に生きる人が神へと戻ることだとはっきり知りました。
どのような方法でも良いのです。

あなたが一つに統合されて、あなたの真実を知ることで、あなたの軸が創られてきます。


光を浴びた時のあなたの心の状態を大切にしてください

関連記事

PAGE TOP