軽やかに簡単に目醒めのステップを踏んでいく

目醒めが起こるのは、「人間としてすることがなくなるから」です。

「どうして目醒めるのかな」と思っていた時にBlogの校正をしていて、目醒めの仕組みが最近わかりました。

「目醒め」の理論はこういうことです。

わたしという3次元の意識は「エゴ」と「思考」をまとめています。

今はわたし=エゴ=思考 と3位一体ですが統合で「これはエゴ」「これは思考」と見極めをつけていきます。

同時に、出来事をありのままそのまま、つまり正しく視ることで、そこでどのような感情を使っているのかを知ります。

自分が使っている感情を知ると、人が使っている感情もわかる様になり、どうしてその感情が起こっているのかも自他ともにわかるようになります。

ここからは「多角的なものの見方」を大切にします。

多角的なものの見方ができるようになると誰もが自分の最善を生きているとわかるので「否定、批判」がなくなります。

「否定、批判」がなくなるので「怒り」という感情がなくなります。

その人の考えていることがわかるので「怒る」必要がなくなるのです。

だからあなたは「平和」になります。

目の前でどんなことが起こっても「それぞれが精一杯生きて学んでいる」と視点になり、慌てることがなくなります。振り回されることがなくなります。

あなたは落ち着いて冷静で、平和の中で人の学びを尊重し「統合のその先」をいつも見据えています。

そのうちにだんだん、わたしという3次元の意識と「エゴ」と「思考」の仕事がなくなります。

3次元の意識と「エゴ」と「思考」は現実に意味を見出だして体験するためのものだからです。

ある時3次元の意識とエゴと思考は退化して、ハイヤーセルフへと包括されます。

現実から引きながら、感情の扱い方を知りながら、多角的になりながら、軽やかに光のステップを上がる。

3次元を生きるわたしたちが当たり前にお互いを尊重し、敬意を払う、その生き方は間違いなくあるものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Blogでは2018年のキャピキャピしたスピリチュアルドラマから、自分なりに角度をかえて統合をしているのがよくわかります。

Blogに書き記していたので今になり色々なことがわかり、より整理されてとても面白いです。

目醒める統合も第1期とは内容がかなりかわりってきています。人間としてのカラクリがわかり、もっと速く統合が起こり、そしてどんどん深まってきています。

どうぞ無限の可能性を持つご自身に出会う幸せをお楽しみにしていらしてください✨

関連記事

PAGE TOP